不具合が出たら報告をする|三春情報センターで住みやすい住宅探し|幸せに過ごせる家を見つける

三春情報センターで住みやすい住宅探し|幸せに過ごせる家を見つける

ウーマン

不具合が出たら報告をする

積み木

不動産の売買契約で、瑕疵担保責任というものがあります。瑕疵担保責任は、物件を販売した側が、購入した側に責任を負うことの意味です。その責任の内容としては、住宅の雨漏りや、家の傾きなど、その住宅で生活をするにあたって支障が出る大きな問題の責任を負うものです。三春情報センターで不動産の売買契約の際、知っている限りの部分は必ず購入者側に説明する義務があります。それ以外の箇所で、販売側が気づいていなかった住宅の不具合に、責任を負うのが瑕疵担保責任になります。この瑕疵担保責任は、民法、宅地建物取引業法で、不具合を確認してから1年と期間が決められています。不具合が確認できてから1年間は、販売側への責任を追求できるので、購入者側としては安心の保証方法といえるでしょう。しかし、住宅の不具合に気付いて一年以内に販売側に報告をしていないと、自分で直さなくてはならなくなるので注意が必要です。三春情報センターでもその瑕疵担保責任を設けているので、きちんと確認しておきましょう。

三春情報センターで物件を探し、住宅の購入を決定した場合地盤も合わせて確認しておきましょう。軟弱地盤の土地で物件を購入してしまうと、地盤の沈みで建物が傾く恐れがあります。三春情報センターに地盤調査を依頼することで、購入する前に軟弱地盤を回避することができます。建物が傾くことによって、外壁にヒビが入る場合もありそうなると修繕工事が必要になります。地盤調査も合わせて行なうといいでしょう。